運用して容易に買い物することが可能な点がメリットの一つです

あいにく現代では稀有な実例を除外して割引券ショップでショッピングをしてもクレジットを利用する事が出来る売店は100%に近い確率でありません。

このせいでVISA、MasterCard、Diners clubなどの金券を運用した直接的でないクレジットカードの方法は大半は全く利用することは不可能でしょう。

ではどういう手法を利用すれば間接的クレジットカード使用が可能なのでしょうか?といえばその方法とは近頃、たくさんの人に使われている電子マネーという名前のPASMO、Webmoney、QUICPay、その他はWAON、nanacoなど。

実のところ、こういうものを使って間接的クレジットカードの使用を行うことが出来るのです。

PASMO、iD、Smart Plus、であったりVISA Touch、nanacoなどはカードで注文することが可能なのギフト券◆Edy(エディ)、Webmoney、QUICPay、であったりSuica、VISA Touch、nanacoなどに耳慣れない者から見てみると、ハードルが高い第一印象を連想する可能性があるかもしれないですが、電子マネーは普通の金券です。

VISA、American Express、Diners clubなどのギフトカードとまるっきり差異はないのです。

また電子マネーという物はクレジットを運用して容易に買い物することが可能な点がメリットの一つです。

さらにそれらの電子マネーというものは、カラオケを始めとして改札や多種多様な売店他であっても駆使する事が可能になっているようだ。

「当店舗の支払いにはクレジットカードはご使用にならないでください」というように書かれているお店での購入でもPASMO、iD、Smart Plus、だったりSuica(スイカ)、VISA Touch、nanacoなどであるなら用いれる実例が数々存在するのです(ローンポイントが堅実に得られる)。

要するにクレジットが活用できない販売店でも直接商品を買わずにクレジットカードを使用する手法でクレジットカードポイント分だけ儲けてしまおうというテクニックです。

通常、たくさんの買い物をエンジョイするだけだと得られないカードポイントであるので運用法を参考にしてはいかがでしょうか。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.apple-seeds.org All Rights Reserved.