www.apple-seeds.org

破産手続きを検討する人で持っている借り入れに関して保証する人を立てているときには早い段階で話をしておいたほうが無難です。ここにおいて、強調しておきますが借金に保証人がいるときは破産手続きの前によく考える必要があります。自分が破産手続きを取って免責されると補償する立場の人がみなさんの債務をいっさいがっさいかぶる義務があるからです。なので、自己破産以前に、それらの経緯とか今の状態を報告しつつ、お詫びをしておかなければいけないでしょう。そういったことは保証人からすると当然のことです。あなたが破産申告するために、数百万もの負債が生じることになるのです。それで、以後の保証人の選べる選択ルート以下の4つです。一つめは保証人となる人が「全額返す」という手段です。保証人自身がそれら高額なポンと返せるぐらいのカネを持っていればこの方法を取ることが可能になります。ただその場合は、自分で破産申告せずその保証人に立て替えてもらって保証人に毎月払っていくという選択肢もあると思います。もし保証人が破産を検討している人と関係が親しいのであれば、少し返金期間を猶予してもらうことも問題ないかもしれません。いっぽう耳をそろえて返済が不可能でも、業者側も話し合いで分割での返済に応じるものです。あなたの保証人にも債務整理を行われると債権が一円も戻らないことになるからです。もし保証人がそれらのお金を全額支払う財産がなければあなたと同様に何らかの方法での債務の整理を選択が必要になります。続く選択肢は「任意整理をする」ことです。この方法を取る場合貸した側と示談することによって、だいたい5年ほどの期日で弁済する形を取ります。弁護士事務所にお願いする際の経費は債権1件につきおよそ4万円。もし7か所からの契約があった場合だいたい28万円必要になります。また債権者との示談を自分ですることも不可能ではないかもしれませんが、この分野の経験のない素人の場合相手が確実に有利な内容を勧めてくるので気を付けなければなりません。いずれにしても、任意整理になる場合はその保証人に借り入れを負担してもらうことになるわけですから、あなた自身は少しずつでも保証人になってくれた人に返していくべきです。さらに3つめは保証人も借金した人と同様「破産する」という方法です。あなたの保証人もあなたと同様に破産すれば保証人となる人の負債もなくなります。ただその場合は、その保証人がマンション等を登記しているならば所有する資産を失ってしまいますし、司法書士等の業務に従事しているのであれば影響がでます。個人再生という制度を活用できます。最後に4つめの選択肢ですが、「個人再生という制度を利用する」ことができます。マンション等を手元に残したまま借金の整理をしていく場合や自己破産手続きでは資格に影響するお仕事に従事している場合に検討していただきたいのが個人再生による処理です。これなら、自宅は残りますし破産手続きの場合のような、資格制限等はかかりません。
Copyright © 1999 www.apple-seeds.org All Rights Reserved.