www.apple-seeds.org

現実にコンピュータの前で止まることなく変動している為替レートをご覧になっていると、何となく売り買いをしなくてはいられないという思いが沸き起こる事も少なくありません。でも、あやふやな直感で売買することだけは間違ってもしてはいけません確かに、市場は四六時中、常時どこかで為替市場が関いているし、マーケットも動いています。しかし、だからといって闇雲にトレードをしているとその回数分だけ損失が生じるリスクが増します。当然の事ながら、売買の回数を積み重ねる事でトータルで勝ち負けの可能性が半々になります。でもこれは「漠然とした直感で売り買い」することとは話が異なります。トレード回数を積み重ねるという意味は自分が「ここがチャンス」と感じたチャンスを得られたうえでの注文回数を重ねるという事を言っています。特段の理由も無く、休む間もなく注文を積むのとは全く違います。為替相場の戦いに立ち向かうためには、己で意識してメリハリをつけることが大事です。「ここは勝てる」と思った市場の時には、覚悟を決めて持っているポジションを買い増して、儲けを追求します。「分かりにくい為替相場で、どう上下するのか考え付かないな」と考えた時は所有ポジションをひとつ残らず見切りをつけて何もせず静観します。それぐらいのテンポでやった方が、結果的には取引はうまくいきます。為替相場の格言には「休むも相場」という言葉があります。本当にその通り。為替取引とは、いかなる時でもポジションを持つことが全部ではなく売買ポジションを持たずに待っている事も場合によってはFXです。では、どういった時に休みどきなのでしょうか。第1に考えられるのが、前述の通り、これから先の外国為替市場が理解できない時です。今から高くなるのか安くなるのか判断できない時は考え無しで行動すると、自分自身で思った台本とは反対の方向に市場が推移してしまい損する事になってしまいます。そのため、こういった場面ではポジションを減らして、そのまま何もしないで黙ってみているだけが最良の選択です。ふたつめは、あなた自身の体の具合が変なときです。健康状態とマーケットに関係しないと思う方もいるだろうが。考えている以上に影響します。体の状態がよくなければマーケットの重要な状況で必要不可欠な判断が出来ない場合があります。興味がわかない時は取引から距離を置くことも重要な事です。
Copyright © 1999 www.apple-seeds.org All Rights Reserved.